メインビジュアル その他_質問08

 

その他_答え08

 

2010年には労働人口の約5人に1人が60歳以上の高齢者になるといわれています。将来にわたって日本の経済の活力を維持していくために、高齢者雇用は必要不可欠な課題。40歳以上の方の8割以上が少なくとも65歳までは働きたいと考えている調査結果もあり、働く側も意欲的なのです。

定年の引き上げ、継続雇用など社内制度の改訂や確立も行っていくことが必要。これらに関してはハローワークや都道府県高年齢者雇用開発協会でもアドバイスしてもらうことができます。高齢者等の雇用の安定等に関する法律により、雇用の推進に向けて努力することは義務づけられているのはご存知の通りです。また、新たに高齢者を雇用して経験を発揮してもらったり、若者が働けない深夜の時間帯に高齢者がパートとして活躍しているケースなども。媒体をうまく使って積極的に採用していく方法あります。

ただそうは言っても御社には御社の事情がおありだと思いますので、まずはゆっくりお話をお聞かせください。

お問い合せ

 

faq

 

*
質問1
質問2
質問3
質問4
*
人材採用
取扱い媒体
効果事例
求人広告予備知識
グラフィック
インターネット
*