メインビジュアル その他_質問10

 

その他_答え10

 

「最近の若者は女の子の方がしっかりしてるよ」「営業成績は女性が上」「女性は意欲が高い」…人事の方のこうした声を耳にします。「だから女性を募集したい」「できれば若い女性の方がいい」いや「男はいらないんだよね、普通に事務の女の子を採りたいんだけど」…もっともです。

でも、ご存知の通り『男女雇用機会均等法』の施行により性別を分けての募集も、『改正雇用対策法』により「若い」人に絞った募集もできません。ただし、広告の表現によってターゲットをイメージさせることで、応募者のアンマッチを防ぐことは可能です。例えば若者向けの洋服の販売スタッフ募集で「30歳以下の女性」はNGですが、仕事内容などに「10代後半から20代前半の女性向けカジュアルウェアのショップで商品着用による販売を行う仕事です」と表記するなど。当社には、こうしたノウハウも多数。

ただそうは言っても御社には御社の事情がおありだと思いますので、まずはゆっくりお話をお聞かせください。

お問い合せ

 

faq

 

*
質問1
質問2
質問3
質問4
*
人材採用
取扱い媒体
効果事例
求人広告予備知識
グラフィック
インターネット
*